フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

歴史と実践

  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践28号(2007年8月)
    特集 沖縄戦と2007年教科書検定
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第24号(2003年8月)
    特集 中国東北地方
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第25号(2004年7月)
    特集 朝鮮=韓国=沖縄
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第26号(2005年7月)
    特集1.米軍基地と沖縄・韓国 特集2.戦後60年と沖縄戦 特集3.「つくる会」教科書の問題点
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第27号(2006年7月)
    特集「米軍再編と歴史の検証」
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第29号(2008年9月)
    特集 今こう教えたい沖縄戦・基地

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 平和教育をすすめる会情報 | トップページ | 歴史と実践第26号(2005年7月の目次) »

2006年12月22日 (金)

機関誌歴史と実践第27号(2006年7月)

今年発行された機関誌の目次は以下のようになっています。

今後、随時バックナンバーの目次も作成していきたいと考えております。

ご注文はメールでよろしくお願いします。

目次
日米安保の変革と在沖米軍基地 亀山統一
バンクーバー世界フォーラムから世界基地大会エクアドルへ 大西照雄
「集団自決」訴訟にどうたちむかうか 津多則光
「沖縄戦『集団自決』訴訟」の法廷傍聴記 鈴木龍治
沖縄平和学習の現状と課題 稲福勉
治安維持法体制に「共謀罪」が見える 田港朝昭
皇位継承問題と皇室典範を考える 平良宗潤
戦前期の移民と兵役 安仁屋政昭
日本人の世界認識と琉球の役割 西岡尚也
国際理解ー日韓関係・靖国神社を考える 玉寄義治
公民教科書から消えたもの、消されたもの 上里勲
新版社会科教科書検定から見えた沖縄記述の実態と課題 高嶋伸欣
大学における「教育基本法改定」に関する実践研究 山口剛史
文化財学習を考える
1.小学校で文化財を学ぶ意味 里井洋一
2.棚原文化財たんけん 金城さつき
3.棚原文化財たんけんの考察 大浦誠
4.「棚原たんけん」に見る学生の変化 石原清香
資料集

« 平和教育をすすめる会情報 | トップページ | 歴史と実践第26号(2005年7月の目次) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機関誌歴史と実践第27号(2006年7月):

« 平和教育をすすめる会情報 | トップページ | 歴史と実践第26号(2005年7月の目次) »