フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

歴史と実践

  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践28号(2007年8月)
    特集 沖縄戦と2007年教科書検定
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第24号(2003年8月)
    特集 中国東北地方
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第25号(2004年7月)
    特集 朝鮮=韓国=沖縄
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第26号(2005年7月)
    特集1.米軍基地と沖縄・韓国 特集2.戦後60年と沖縄戦 特集3.「つくる会」教科書の問題点
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第27号(2006年7月)
    特集「米軍再編と歴史の検証」
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第29号(2008年9月)
    特集 今こう教えたい沖縄戦・基地

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2011年1月 »

2008年9月

2008年9月19日 (金)

歴史と実践が紹介されました。

いよいよ27日集会にむけてマスコミもさまざまな報道がされはじめました。
手前味噌ではありますが、沖縄県歴教協の機関誌も紹介されましたのでご紹介いたします。
沖縄タイムス
真実正しく伝えたい/教科書検定撤回 県民大会から1年/問題契機に歴史本 沖縄戦など解説

http://www.okinawatimes.co.jp/news/2008-09-19-E_1-007-2_001.html?PSID=11113f49d8234cb91590e0a4047fc5df

引き続き、県内の動きについてお知らせできればと思います。

本日の琉球新報には、県議会の各派代表者会議において、議長の県民大会実行委員長就任に関する議論がありましたが、自民、公明が持ち帰って検討ということになったこと、実行委員長就任は全会一致でという進め方でいくことなど報道されています。

2008年9月16日 (火)

9.29県民大会1周年企画です。

みなさま

いよいよ県民大会より1年が経とうとしております。
ここで、あの県民大会そしてその後の教科書の訂正申請、大江・岩波書店地裁判決と沖縄戦を巡る闘いは大きなものがありました。
そこで、ここで再度その到達と課題を確認し、引き続き大きな県民運動としたいと考え、以下のように企画を準備いたしました。
ぜひ多くのみなさんの御参加を呼びかけます。


平和教育をすすめる会としてどのように1周年を迎えるか
平和教育をすすめる会としてどのように1周年をとらえ、迎えるのかという点について触れておきたいと思います。
先日の控訴審に於いて、大江岩波裁判は結審となりました。
高裁判決は10月31日(金)です。地裁の勝利を維持し、沖縄側からも要求した真実性により近づいた判決が出るのか、私たちは注視することが重要となっております。
次に、県民大会決議の実現との可能性で1周年にあわせ「決議は実現されていない」と再度「県民の願いは検定意見の撤回」という声をあげる場面が必要になっているということです。
具体的とりくみとしては、①再訂正申請のとりくみ、②教科書検定制度の見直しのとりくみの2つが重要となっています。
①については、10月14日に執筆者懇談会が開かれ、その方向性が出てきます。それまでに沖縄から各教科書会社、教科書協会、文科省、検定審議会に声を上げておくことが重要です。②については、教科書協会自身が執筆者に守秘義務を課すなど教科書検定の密室化が再度行われようとしています。これ自身は県民大会決議が求めてきた方向性とも逆行する動きです。これに対して大きな声を出すことが重要になっています。一部では、8月末に答申、9月にパブリックコメントの募集、10月下旬に告示ということも考えられます。その点では、9月29日を節目として沖縄から大きな声をあげることは、教科書執筆者を励まし、教科書制度を改善していくためにも重要なとりくみとなります。9月を大きな節目とし運動をもう一度盛り上げていくことが重要となっています。
このようなことからも、9月27日の集会を成功させ、「沖縄県民は納得していない」、「県民大会での要求は実現してない」ことをアピールし、とりくみをすすめることが重要となっています。

(転送歓迎)

集会名称

教科書検定意見撤回を求める県民大会から1年
教科書に沖縄戦の真実を―県民大会1周年集会―

企画概要
主催:平和教育をすすめる会、6.9県民大会実行委員会
日時:2008年9月27日(土)
時間:午後2時~4時30分(予定)
場所:教育福祉会館3階大ホール

プログラム(2時間30分を予定)
開会挨拶
講演「教科書問題の現在とこれからー教科書再訂正申請にむけて」石山久男さん(教科書執筆者)
報告1「教科書労働者の闘いとこれから」吉田典裕さん(出版労連教科書対策部)
報告2「大江・岩波裁判高裁結審をむかえて」大塚茂樹さん(岩波書店)
報告3「沖縄の運動のこれからと教科書問題」高嶋伸欣さん(すすめる会代表)
質疑応答・意見交流
県民アピール・要求書採択

2008年9月12日 (金)

大江・岩波控訴審結審しました

9月9日に開かれた控訴審において、結審いたしました。

沖縄県歴教協も参加している平和教育をすすめる会、裁判支援連絡会、首都圏の会で23064筆の署名を大阪高裁に提出してきました。

みなさん本当にありがとうございました。

判決は、10月31日(金)午後2時からです。

2008年9月 8日 (月)

歴史と実践第29号(2008年9月)

みなさま

歴史と実践最新号が完成致しました。

これまで、休んでいたブログも再度更新しなおしながらすすめたいと思います。

よろしくお願いいたします。

歴史と実践

第29号目次

特集:今こう教えたい沖縄戦・基地

①大江・岩波訴訟の一審判決を検討する  仲山 忠克

2008年度使用高校日本史教科書沖縄戦記述分析 

  ―今求められている沖縄戦記述とは―  山口 剛史

③沖縄戦に関わる地図で何を伝えるのか  西岡尚也

④フィールドワーク【平和の礎】で戦争加害を考える  

  ―「平和の広場・平和の火」の縁石の地名を通して― 

山川

 宗秀

⑤米軍再編下の沖縄

-この一年沖縄の米軍基地はどう動いたか 平良 宗潤

⑥在沖米軍基地の現状と日米の一体化  大久保康裕

⑦教材発掘及び野外模擬実践案を課して

 ―生徒を連れて沖縄戦をガマで学習するとしたら―  上里 勲

研究ノート

治安維持法体制に抗し運動を起し拡げた沖縄民衆

19201945年 文献別人名表 田港 朝昭

実践研究

マレーシアでの華僑虐殺を扱った教材開発 松田浩史

資料集

教科書検定問題と大江岩波訴訟の経過を知る資料集

県会員募集のお知らせ

あなたも沖縄県

歴史教育者協議会

 

沖縄県

歴史教育者協議会

(略して沖縄県歴教協)は、1964年に結成された歴史・地理教育を研究、実践していく教育研究団体です。

歴史教育者協議会

(歴教協)という学術団体に登録されている県支部として活動を続けてきました。主な活動として機関誌「歴史地理教育」があります。全国の先進的な研究・実践を紹介し、社会科(小学校・中学校・高校・大学)の授業の内容・方法について学ぶことができます。また、毎年8月に全国大会が開催され、200本あまりの実践が交流されます。(ちなみに今年度は東京大会、来年2009年度は北海道大会の予定です)

沖縄県歴教協では、機関誌「歴史と実践」(年一回の発行)を中心に、研究会を重ねています。沖縄戦や沖縄の軍事基地の問題など、沖縄ならではのテーマを研究するとともにどう教えるかを考えています。

ぜひ、沖縄県歴教協に入会して一緒に勉強しませんか?

 

【入会するとこんなことがあります】

機関誌「歴史と実践」が年一回送付されます。もちろん論文・実践の投稿もできます。

例会・研究会に参加して、勉強することができます。社会科の授業づくりをはじめ、巡検など「沖縄をどう教えるか」を学んだり、さまざまなテーマでの学習会に参加できます。

全国の企画、県内の企画などさまざまな運動・企画の情報が提供され、参加できます。

 

【入会の方法は?】

別紙の用紙に、住所、氏名、所属等をお書きの上、事務局まで申し込んでください。メール・ホームページからも申し込みも受け付けています。

年会費は1000円です。別紙振り込み用紙にて申し込みください。

全国会員になると、機関誌「歴史地理教育」が毎月、送付されます。全国のリアルな情報の月報や、メーリングリストなど、全国の社会科教員と交流することができます。年12冊で8160円です。

 

【連絡先は】

沖縄県歴教協事務局 山口剛史(やまぐちたけし)までお知らせください。

903-0213

沖縄県中頭郡西原町字千原一番地琉球大学教育学部314山口研究室内

電話098-895-8336 ファックス098-895-8316(大学事務室)

E-mailt-yama@edu.u-ryukyu.ac.jp

ホームページ:http://okireki.cocolog-nifty.com/

« 2007年4月 | トップページ | 2011年1月 »