フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

歴史と実践

  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践28号(2007年8月)
    特集 沖縄戦と2007年教科書検定
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第24号(2003年8月)
    特集 中国東北地方
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第25号(2004年7月)
    特集 朝鮮=韓国=沖縄
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第26号(2005年7月)
    特集1.米軍基地と沖縄・韓国 特集2.戦後60年と沖縄戦 特集3.「つくる会」教科書の問題点
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第27号(2006年7月)
    特集「米軍再編と歴史の検証」
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第29号(2008年9月)
    特集 今こう教えたい沖縄戦・基地

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 国立民俗博物館の沖縄戦関連展示の改訂結果に関する声明 | トップページ | CS朝日でのジャーナリスト、写真家の森住さんインタビュー »

2011年1月21日 (金)

2.11建国記念の日に反対する沖縄県集会

下記の要項で、今年も集会を開催いたします。
------------------------------------

2011「建国記念の日」に反対する2.11沖縄県集会

歴史の真実を次代へ

「建国記念の日」と定められた211日は、かつて紀元節という祝日でした。紀元節は、『日本書紀』が伝える神武天皇が即位した日に基づき、紀元の始まりを祝う祝日として、1872年(明治5年)に制定されました。神武天皇が最初に天皇に即位した日ということですが、歴史的な根拠は全くありません。もともと、天皇を中心とした国家支配の正当性を内外に誇示するために明治政府が制定したものです。

 今なお、天皇制と政治権力を結びつける危険な戦前回帰の動きが絶えません。民主党は「新防衛計画大綱」の提言案で旧軍の用語復活や陸海空自衛隊トップを天皇の認証官ポスト化することを求めています。天皇の軍隊であった旧日本軍を彷彿し、抵抗を禁じ得ません。さらに、政府が昨年12月に閣議決定した「新防衛計画大綱」には、宮古・八重山地域を中心に最大2000人の陸自部隊配置が盛り込まれました。沖縄戦の日本軍(=皇軍、天皇の軍隊)による住民虐殺や強制集団死、マラリア禍といった惨劇を経験した島々への、けして住民を守らない「軍隊」=自衛隊の配備は許されません。自衛隊の大規模駐屯となれば、島の住民自治への影響も必至で、かつての皇民化政策と同質の支配体制の再来を危惧します。

 今年は、日清・日露戦争での沖縄兵士の実相を掘り起こしてこられた又吉盛清さんに、「坂の上の雲」も放映されている今、「国家死」を「名誉の戦死」と称えてきた構造について、沖縄人の戦場を題材に語っていただきます。ぜひ多くのみなさんの参加をお願いいたします。

講演  「日清・日露戦争の戦場と近代沖縄人の国家死」又吉盛清 さん(沖縄大学)

 報 告 

 1.「靖国合祀取り消し訴訟控訴審に向けて」

崎原盛秀さん(原告)

と こ ろ: 教育福祉会館 2F中ホール(那覇市古島在)

電話番号: (098)887-1661(高教組)

E-mail :okinawa_rekikyoukyou@yahoo.co.jp(沖縄県歴教協)

と  き: 2011年2月11日()午後2時 ~ 4時30分

※ 入場無料(カンパあり)

共 催  沖縄県高等学校障害児学校教職員組合

     沖縄県憲法普及協議会

     沖縄人権協会

     沖縄県歴史教育者協議会

     沖縄平和ネットワーク

     靖国神社国営化反対沖縄キリスト者連絡会

     日本キリスト教団沖縄教区宣教部委員会

 

« 国立民俗博物館の沖縄戦関連展示の改訂結果に関する声明 | トップページ | CS朝日でのジャーナリスト、写真家の森住さんインタビュー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192361/38554803

この記事へのトラックバック一覧です: 2.11建国記念の日に反対する沖縄県集会:

» 山口でのスピーチで配布したプリントです [ペガサス・ブログ版]
昨日は,多数の山口の皆様に話を聞いていただきありがとうございました.配布したプリントを公開致します.(右は地元のテレビ局KRY山口放送のウェブサイトから) レジュメ, レジュメ付録 上映した短いビデオ(YouTube)    応援のクリック歓迎 配布はしませんでしたが,ご紹介し,入り口のテーブルに置いた文書と同じ内容を,ブログで公開しています. 「攻められる」ことと「攻める」こととの等確率性 「大学人による封鎖」(Academics’ Trident Seminar Blockade,200... [続きを読む]

« 国立民俗博物館の沖縄戦関連展示の改訂結果に関する声明 | トップページ | CS朝日でのジャーナリスト、写真家の森住さんインタビュー »