フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

歴史と実践

  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践28号(2007年8月)
    特集 沖縄戦と2007年教科書検定
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第24号(2003年8月)
    特集 中国東北地方
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第25号(2004年7月)
    特集 朝鮮=韓国=沖縄
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第26号(2005年7月)
    特集1.米軍基地と沖縄・韓国 特集2.戦後60年と沖縄戦 特集3.「つくる会」教科書の問題点
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第27号(2006年7月)
    特集「米軍再編と歴史の検証」
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第29号(2008年9月)
    特集 今こう教えたい沖縄戦・基地

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月24日 (木)

1フィート運動の会のイベント企画です

関係各位

いつもお世話になっております。

NPO法人沖縄戦記録フィルム1フィート運動の会(通称「

1フィート運動の会」)

です。


「2、3月のイベント情報」をご案内させていただきます。

※メールアドレスは、BCCにてメールしております。



―<目次>――――――――――――――――――――――――――――――

◆02/26(土) 沖縄戦 講座「戦争遺跡と平和学習」吉浜忍(沖縄国際大学教授)
http://onefeet.ti-da.net/e3301370.html


◆03/19(土) 戦跡めぐり 那覇 その2
「歩いて学ぼう、那覇市の復興と国際通り」


◆03/末 ☆春休み子ども企画☆「親子で聞こう、沖縄戦のはなし」



◆3月以降に予定されている主なイベント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・「戦跡めぐり」
・「沖縄戦 講座」
・「上映会」
の、3つは、ほぼ毎月実施の予定です。



◆1フィートからのお知らせ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★年会費のお支払い、お済ですか? 新規会員も募集中!

★1フィートの最新情報は「パソコン&携帯」で!


―――――――――――――――――――――――――――――――――――


1フィート運動の会では、以下の企画を開催いたします。
みなさまのご参加をお待ちしております!




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆02/26(土) 沖縄戦 講座「戦争遺跡と平和学習」吉浜忍 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  http://onefeet.ti-da.net/e3301370.html


日時:02/26(土)14:00~18:00


講師:吉浜忍(沖縄国際大学教授)


場所:NPO法人 沖縄戦記録フィルム1フィート運動の会 事務所内
住所:〒900-0021 那覇市泉崎1-10-3 琉球新報泉崎ビル5階
電話:098-862-2277 FAX:098-861-6466
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E9%82%A3%E8%A6%87%E5%B8%82%E6%B3%89%E5%B4%8E1-10-3&um=1&ie=UTF-8&hq=&hnear=%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%9C%8C%E9%82%A3%E8%A6%87%E5%B8%82%E6%B3%89%E5%B4%8E%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91%EF%BC%90%E2%88%92%EF%BC%93&gl=jp&ei=8TrSTMDtO4aCvgPC7P2UDw&sa=X&oi=geocode_result&ct=title&resnum=1&ved=0CBoQ8gEwAA


参加費:500円 ※受講料・資料代として ※学生は無料!

※みなさんから、いただいた参加費は、イベント開催のための実費、
そして今後の活動資金とさせていただきます。
何とぞご協力のほど、よろしくお願いいたします。


【内容】
今回のテーマは「戦争遺跡と平和学習」です。

戦争体験者の高齢化が進むなか、戦争遺跡がその役割を担うことで注目され

ています。

その一方で開発などにより、姿を消す戦争遺跡も少なくありません。

そんな戦争遺跡の保存を含め、どのように保存し、平和学習へと生かして

いけばよいのでしょうか?


講師は戦争遺跡の保存と活用を南風原文化センター、南風原壕群20号の展示・

公開に携わった吉浜忍氏(沖縄国際大学教授)が、現場からの目線で語ります。


詳細は、こちら!↓
http://onefeet.ti-da.net/e3301370.html

申し込み方法は、こちら!↓
http://www.geocities.co.jp/okinawa1feet/release/schedule2011.html#sanka



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆03/19(土) 戦跡めぐり 那覇 その2
「歩いて学ぼう、那覇市の復興と国際通り」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

日 時:03/19(土) 午前の部(10:00~12:30)、午後の部(14:00~16:30)

※申し込み締切り03月18日(金)18時まで
※午前、午後とも同じコースを回ります
※午前・午後の部とも、各コース先着10名


場所:NPO法人 沖縄戦記録フィルム1フィート運動の会 事務所内
住所:〒900-0021 那覇市泉崎1-10-3 琉球新報泉崎ビル5階
電話:098-862-2277 FAX:098-861-6466
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E9%82%A3%E8%A6%87%E5%B8%82%E6%B3%89%E5%B4%8E1-10-3&um=1&ie=UTF-8&hq=&hnear=%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%9C%8C%E9%82%A3%E8%A6%87%E5%B8%82%E6%B3%89%E5%B4%8E%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91%EF%BC%90%E2%88%92%EF%BC%93&gl=jp&ei=8TrSTMDtO4aCvgPC7P2UDw&sa=X&oi=geocode_result&ct=title&resnum=1&ved=0CBoQ8gEwAA


案内人:我謝幸男(1フィート運動の会)


参加費:未定


【内 容】

今回は「那覇市の復興と国際通り」と題し、徒歩で国際通り周辺を「徒歩」

で歩きます。午前(10:00-12:30)、午後(14:00-16:30)のうち、希望する時間を

選んでください。それぞれ先着10名様まで。


※バスではなく、徒歩でまわります(約3kmを、2時間30分かけて歩きます)。

※詳細が決まり次第、公式サイト、ブログ、メール等にてご連絡いたします。



まだ詳細は決まっていませんが、参加人数には限りがあります。
興味のある方は、早めに申し込んでみてください!↓

http://www.geocities.co.jp/okinawa1feet/release/schedule2011.html#sanka



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆03/末 ☆春休み子ども企画☆「親子で聞こう、沖縄戦のはなし」)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
春休みです。お子さんと戦争体験者のお話を聞きにきませんか?


日にち:3/末~4/初(春休み中のどこかの土日)


講 師:未 定


場所:NPO法人 沖縄戦記録フィルム1フィート運動の会 事務所内
住所:〒900-0021 那覇市泉崎1-10-3 琉球新報泉崎ビル5階
電話:098-862-2277 FAX:098-861-6466
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E9%82%A3%E8%A6%87%E5%B8%82%E6%B3%89%E5%B4%8E1-10-3&um=1&ie=UTF-8&hq=&hnear=%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%9C%8C%E9%82%A3%E8%A6%87%E5%B8%82%E6%B3%89%E5%B4%8E%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91%EF%BC%90%E2%88%92%EF%BC%93&gl=jp&ei=8TrSTMDtO4aCvgPC7P2UDw&sa=X&oi=geocode_result&ct=title&resnum=1&ved=0CBoQ8gEwAA


参加費:未定


【内 容】

春休みに親子で戦争のこと、考えて見ませんか?


戦争の話って、家庭ではあまり話題にならないのではないでしょうか?

戦争のことを子どもに話してあげたいけれども、よくわからない…

そもそも何を話せばいいのかわからない…。


そんなみなさん、お子さんと一緒に参加してみてはいかがでしょうか?

家族だからこそ一緒に考えて欲しいと、私たちは考えています。



※詳細が決まり次第、公式サイト、ブログ、メール等にてご連絡いたします。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆2011年3月以降に予定されている、主なイベント
※予定が変更になる場合もございます
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

3月以降も「毎月」、
・「戦跡めぐり」
・「沖縄戦 講座」
・「1フィート映像上映会」
の、3つは、ほぼ毎月実施の予定です。


※詳細は順次公式サイト、ブログ、メール等にてご連絡いたします。


2011年度のイベントスケジュールはこちらで!
http://www.geocities.jp/okinawa1feet/release/schedule2011.html


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆1フィートからのお知らせ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■年会費のお支払い、お済ですか? 新規会員も募集中です!

そろそろ、寒い冬も終わりそう。

上着のボタンを緩めるのと同時に、財布の紐も緩めてみませんか?(笑)


会員の方は、「前年2010年度」、そして「今年2011年度」の、会費の

お支払いはお済でしょうか?


もちろん、新規会員も募集中です!


私たち1フィート運動の会は、みなさんの会費、寄付金などで運営されています。

どうぞみなさまのご協力、よろしくお願いいたします。


支払い方法のお問合せは
***************************
・電話:098-862-2277
・メールアドレス:one-feet@triton.ocn.ne.jp
***************************
まで。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■1フィートの情報はここで、確認!

もうご存知かと思いますが、1フィートのサイトではイベントを含む情報発信を
しています。
みなさん、是非ともブックマークをしてご覧ください。

=パソコンでみる場合=
公式サイト  : http://www.geocities.jp/okinawa1feet/
スタッフブログ: http://onefeet.ti-da.net/

=携帯でみる場合=
携帯サイト  : http://www.geocities.jp/okinawa1feet/m/
スタッフブログ: http://onefeet.ti-da.net/ ※パソコンと同じアドレスです





最後までご覧いただき、ありがとうございました。

**************************************************************
このメールは沖縄県内在住の1フィート運動の会員、イベント参加者
ほかのみなさんに送付しております。
案内がご不要の場合は、お手数ではございますが
1フィート運動の会 <one-feet@triton.ocn.ne.jp>
まで配信停止の旨、ご連絡ください。
**************************************************************


_______________________
NPO法人沖縄戦記録フィルム1フィート運動の会
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
住所:〒900-0021 那覇市泉崎1-10-3 琉球新報泉崎ビル5階
電話:098(862)2277
FAX :098(861)6466

メール    :one-feet@triton.ocn.ne.jp

公式サイト  : http://www.geocities.jp/okinawa1feet/
携帯サイト  : http://www.geocities.jp/okinawa1feet/m/
スタッフブログ: http://onefeet.ti-da.net/

東村高江の状況

引き続き高江では、工事が強行されています。

森住さんのフォトレポートが、fotgazetニュースにでています。

http://fotgazet.com/news/000046.html

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-02-24_14819/

沖縄タイムス

【東】米軍北部訓練場の一部返還に伴うヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設工事が行われている東村高 江で23日早朝、沖縄防衛局職員と作業員約100人が建設予定地で作業を実施した。座り込みをする住民らの少ない時間帯の強行に、「やり方がひどい」と怒 りの声が上がった。一方、沖縄防衛局は「けが人や事故を起こさないために(この時間に)やった」と説明している。

 同日午前6時半ごろ、通常よりも多めの人数の作業員らを乗せた車両約25台が、国頭村との村境に近い 建設予定地進入路前に到着。その場にいた住民側数人が作業中止を訴える中、ダンプトラック約2台分の土のうを次々と降ろし、提供施設内に搬入した。その後 間もなく到着した名護署員が、作業箇所は道路使用許可範囲外として中止するよう警告したため、作業は一時中断した。

 作業再開後も、集まった座り込みメンバーと作業員らがもみ合いとなり、一時騒然となった。膠着(こうちゃく)状態が続いた後、作業員らは午前11時半ごろ撤収した。一方、集落に近いN―4地区建設予定地では、夕刻まで土砂流出防止柵の設置作業が行われた。

 沖縄平和運動センターの山城博治事務局長は「作業が進んでいないことに対して防衛局は焦りがあるのだろう。基地建設を止めるため県民の力の結集が必要」と訴えた。

 高江に駆け付けた糸数慶子参議院議員は「早朝の工事は異常。地域住民の生活を無視したやり方は許せない」と憤った。

2011年2月14日 (月)

機関誌「歴史と実践」30号が発行されました

久しぶりに機関誌「歴史と実践」第30号が発行されました。

購入希望の方は、ぜひメールにてご注文ください。よろしくお願いいたします。1冊500円(送料別)で販売いたします。

目次は以下の通りです。


歴史と実践 30号 目次

 

巻頭言~沖縄県歴教協50年にむけて   平良宗潤

 

草創期の県歴史教育者協議会宮古支部           下地康夫

 

【実践研究】

「学ぶ権利と教科書検定問題」の授業づくり 大城尚志

 

在沖米軍基地学習教材開発―プリント教材「やってみよう 米軍基地クイズ」の試行より―  山口剛史

 

識名壕を1時間でガイドするとしたら   上里勲

 

【研究ノート】

宮古島台湾遭難事件―生還者の子孫が今に伝えるもの         里井洋一

ウチナーンチュー丹那トンネルを掘る  加藤好一

治安維持法体制に抗し運動を起し拡げた沖縄民衆1920年~1945年文献別人名表Ⅱ

田港朝昭

【活動日誌と資料】

沖縄県歴教協の歩み(200810月~201112月)

09「建国記念の日」に反対する2・11沖縄県集会アピール

10「建国記念の日」に反対する2・11沖縄県集会アピール

高校日本史教科書における沖縄戦記述の改善充実を求める要請書

あゆみはじめた2つの実践研究会

2011年2月 1日 (火)

この間の新基地建設に関する報道です

この間の新基地建設に関する報道です
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-01-31_14105/

[国の不服申し立て]主客転倒の手法である

米軍普天間飛行場問題で辺野古移設を推し進めようと、国は法律の趣旨をねじ曲げる禁じ手まで使おうということなのか。「地域主権」といいながら、国が地元の意思を無視し、頭越しに押し付ける。これが政権交代を果たした民主党政権のやり方なのか。

 沖縄防衛局(真部朗局長)は普天間飛行場の辺野古移設に向けた陸域動物・海域生物の現況調査を名護市が許可しなかったことに対し、行政不服審査法に基づき、不服申し立てをした。なんか変だ。

 稲嶺進名護市長は2010年1月の市長選で「海にも陸にも新基地は造らせない」ことを公約に掲げて当選した。防衛局は同年6月に申請書を提出し、名護市は「代替施設の建設を前提とした調査には協力できない」として同年11月に不許可とした。

 稲嶺市長の選挙公約からは当然の帰結である。防衛局は「準備段階における技術的な事柄」としているが、建設前提の調査である。「一般市民と同じ手続き」とも言っているが、法律の趣旨からいって詭弁(きべん)としかいいようがない。

 行政不服審査法第一条には法律の趣旨として「行政庁の違法又は不当な処分に関し、国民に対して広く不服申し立てのみちを開くことによつて、国民の権利利益の救済を図る」などと書かれている。

 国民が救済を求めて不服申し立てをするのであり、公権力を持つ防衛局が申し立てるのは主客転倒といわざるを得ない。無理な移設を進めようとするから法の想定外の手法を用いることになるのだ。

 菅直人首相はじめ関係閣僚が沖縄詣でを繰り返している。普天間問題に関する関係閣僚は、一様に丁寧な言葉遣いで低姿勢に徹している。

 沖縄担当相を兼ねる枝野幸男官房長官も不服申し立てをした同じ日、「普天間移設を地元を完全に無視して強引にすすめようとするものではない」と強調した。

 だが、枝野氏の真意は「昨年5月の日米合意を踏まえて」ということにある。衣の下から辺野古移設という鎧(よろい)が見えるのである。

 沖縄詣でといっても、仲井真弘多知事と稲嶺市長への対応には雲泥の差がある。

 仲井真知事とは、翻意を期待して会談するが、稲嶺市長には完全に門戸を閉ざしている。仲井真知事が再選を果たしたのは「県外移設」へ公約のかじを切ったからである。しぼむばかりの民主党マニフェスト(政権公約)と同列にしてもらいたくない。

 不服申し立てで名護市へは総務課長席に書類が置かれていただけだという。「一般市民」を自認しながらこんな不遜なやり方をするとは、とても信じられない。

 名護市への仕打ちは逆効果にしかならない。再編交付金が凍結されると、全国から「ふるさと納税」の応援が相次いでいることからも分かる。

 防衛局は東村高江のヘリパッド移設問題で通行妨害の禁止を求め反対運動の住民2人を訴えている。国が住民を訴えるのは極めて異例だが、26日には口頭弁論の時間帯に作業をしている。こんなやり方は反発を強めるだけである。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »