フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

歴史と実践

  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践28号(2007年8月)
    特集 沖縄戦と2007年教科書検定
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第24号(2003年8月)
    特集 中国東北地方
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第25号(2004年7月)
    特集 朝鮮=韓国=沖縄
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第26号(2005年7月)
    特集1.米軍基地と沖縄・韓国 特集2.戦後60年と沖縄戦 特集3.「つくる会」教科書の問題点
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第27号(2006年7月)
    特集「米軍再編と歴史の検証」
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第29号(2008年9月)
    特集 今こう教えたい沖縄戦・基地

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月27日 (金)

大江・岩波沖縄戦裁判勝利集会は延期です

みなさま
29日(日曜日)に予定されておりました勝利集会は台風接近のため、延期とさせていただきます。
変更された日程につきましては、またお知らせいたしますのでよろしくお願いします。

2011年5月25日 (水)

大阪での勝利集会です

6/17 大江・岩波沖縄戦裁判 勝利報告集会

報告 岩波書店 岡本厚さん「最高裁決定を受けて」
    大江岩波弁護団   「裁判勝利とその意義」

○日時 6月17日(金)午後6時半~
○会場 エルおおさか606
○資料代 1000円

 沖縄戦初期、慶良間諸島で起きた「集団自決(強制集団死)」

の記述をめぐり、座間味島に駐留した旧日本軍の元戦隊長らが作家大江健三郎さんと岩波書店を訴えた「大江・岩波裁判」。

 最高裁は4月21日、原告側の上告を棄却しました。提訴から5年8カ月、ついに勝訴確定です!

 原告の敗訴確定で、彼らの主張を根拠にした教科書検定意見も破綻しました。裁判を闘ってきた岩波書店の岡本厚さんと3人の弁護団をお招きし、完全勝利の意義を語ってもらうとともに、検定意見撤回に向け、どう取り組むかも考えたいと思います。ぜひご参加ください

●主催・問い合わせ 大江・岩波沖縄戦裁判支援連絡会(TEL/FAX 06-6453-2448)

日曜日に大江・岩波沖縄戦裁判勝利集会が開催されます

みなさま

大江・岩波沖縄戦裁判の勝利にともなって、岩波書店、

弁護士を呼んでの勝利集会を開催いたします。
ぜひ多くの方をお誘いいただき、成功させたいと思います。
ご参加ならびに宣伝をお願いいたします。

大江岩波沖縄戦裁判勝利集会開催概要
日時:5月29日(日)14時00分(13時30分受付)~16時30分
場所:教育福祉会館3階大ホール
主催:平和教育をすすめる会
共催:9.29県民大会決議を実現させる会
プログラム:開会挨拶
第1部裁判報告
 :岩波書店挨拶 岡本厚氏
 :弁護士挨拶 秋山幹男弁護士他2名
 :証言者挨拶 宮城晴美氏
 :証言者挨拶 金城重明氏

第2部シンポジウム「大江岩波沖縄戦裁判の意義と今後の運動について」
パネラー①当事者:岡本厚氏15分
パネラー②裁判の意義:村上有慶(沖縄平和ネットワーク)
パネラー③教科書のとりくみ:山口剛史(沖縄県歴教協)

2011年5月 2日 (月)

東京練馬での集会

==============================

===============================
「大江・岩波『集団自決』裁判」の勝利を受け
〈今こそ高校歴史教科書検定意見の撤回を実現させよう!〉ミーティングにご参加を
=============================================================


 4月22日、最高裁判所は「大江・岩波『集団自決』裁判」の上告を棄却し、1審、2審判決が確定しました。

 2007年、文部科学省が決定した高校歴史教科書の「検定意見」の撤回を求めて、沖縄での県民大会を始め、全国でさまざまな運動が取り組まれてきました。文部科学省は、2007年12月、教科書会社からの訂正申請を受けるという形で一部記述の復活を認めたものの、今に至るも「検定の経緯は適性だった」(2009年11月18日衆議院文部科学委員会での川端達夫文科大臣(当時)答弁)とし「集団死の日本軍による強制」の記述を認めていません。

 そもそも「2007年検定意見」は、文科省の教科書調査官が、「大江・岩波『集団自決』裁判」の原告の意見陳述を検定意見の参考資料の1つとして、「近年の沖縄戦資料を調べた結果、断定的記述を続けるのはどうか」と検定調査審議会に諮ったことから始まりました。1審・2審において、原告ならびに原告側証人の証言を明確に否定する判決が最高裁で確定したにもかかわらず、文科省は、「(陳述書が)検定意見の契機になったのは確かだが、根拠ではない。これまでの方針や姿勢に影響はない」とコメント(4月22日文科省教科書課)しています。

 私たちは2007年夏から、このような文科省に対し、歴史の事実をねじ曲げさせてはならないと、都内の市民運動や労働組合とともに、地域で、街頭で、声を上げてきました。
 最高裁上告棄却が出た今こそ、沖縄の人たちとともに再び大きく声をあげ、「2007年検定意見」撤回を国・文科省に強くせまりたいと思います。

 下記の日程で、「大江・岩波『集団自決』裁判」の当事者である岩波書店の岡本厚さんから報告をお聞きし、今後の行動について検討するミーティングを企画いたしました。
 私たちと一緒にこの問題に取り組んできた他の地域のグループ、労働組合、市民運動の方々の参加もいただき、「2007年検定意見」撤回に向けて、より大きいより広い取り組みができるよう、討論し、知恵を絞っていきたいと考えます。
 ご多忙とは思いますが、ぜひご参加下さい。

----------------------------------------
 「大江・岩波『集団自決』裁判」勝利報告
   沖縄戦教科書検定の撤回を実現させよう!ミーティング
  日 時   5月20日(金)19時から
  会 場   練馬区立男女共同参画センター えーる研修室
          西武池袋線石神井公園駅南口下車徒歩5分
         http://www.city.nerima.tokyo.jp/shisetsu/bunka/joseicenter/yell.html
                  (掲示板には<ピープルズネットねりま>とあります)
  報 告   岡本 厚さん(岩波書店)

----------------------------------------

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »