フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

歴史と実践

  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践28号(2007年8月)
    特集 沖縄戦と2007年教科書検定
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第24号(2003年8月)
    特集 中国東北地方
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第25号(2004年7月)
    特集 朝鮮=韓国=沖縄
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第26号(2005年7月)
    特集1.米軍基地と沖縄・韓国 特集2.戦後60年と沖縄戦 特集3.「つくる会」教科書の問題点
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第27号(2006年7月)
    特集「米軍再編と歴史の検証」
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第29号(2008年9月)
    特集 今こう教えたい沖縄戦・基地

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神奈川県の教科書採択にかかわって | トップページ | 8月1日沖縄タイムス »

2013年7月30日 (火)

神奈川新聞

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1307290017/

 

県教委が教科書希望に介入、高校日本史使用「見直しを」/神奈川

 

 

国旗掲揚と国歌斉唱に対し「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述した高校日本史教科書(実教出版)の使用を、2014年度に希望している県立高校に対し、県教育委員会が希望しないよう指導していることが分かった。学校への介入が行われるのは異例。24校が希望しているとみられる。13年度は5校が同社の教科書を使用している。

 

 使用希望見直しの対象は、同出版の「高校日本史A」と「高校日本史B」。記述内容が、教職員に君が代斉唱時の起立を求めている県教委の見解に反しているとして、24日の校長会後から学校への指導を続けている。

 

 12年度まで行わなかった指導を、今回実施した理由について高校教育指導課は、「4月に不起立の教職員名の情報収集は合法という最高裁判決が出て、県教委の姿勢がすべて認められたと判断した。月内に学校側の希望を確認する」と説明している。

 

 高校教科書は各校で使用希望教科書を選び、都道府県教委が採択する制度になっている。教育委員会で不採択とされた教科書は、地方行政法23条に基づき使用できない。

 毎年、県教委も県立高校で使用する教科書の採択替えを行っており、例年7月に高校から使用希望教科書の報告を受け、8月に翌年度の使用教科書を採択する。実教出版教科書の使用希望に教委が介入するのは、6月の都教委に続いて2例目。

 また県高校教職員組合は29日までに、県教育委員会を訪問し「校長に対する依頼の撤回を申し入れる」とする文書を安西保行教育局長に手渡した。

 

« 神奈川県の教科書採択にかかわって | トップページ | 8月1日沖縄タイムス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川新聞:

« 神奈川県の教科書採択にかかわって | トップページ | 8月1日沖縄タイムス »