フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

歴史と実践

  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践28号(2007年8月)
    特集 沖縄戦と2007年教科書検定
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第24号(2003年8月)
    特集 中国東北地方
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第25号(2004年7月)
    特集 朝鮮=韓国=沖縄
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第26号(2005年7月)
    特集1.米軍基地と沖縄・韓国 特集2.戦後60年と沖縄戦 特集3.「つくる会」教科書の問題点
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第27号(2006年7月)
    特集「米軍再編と歴史の検証」
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第29号(2008年9月)
    特集 今こう教えたい沖縄戦・基地

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 9月25日沖縄タイムス | トップページ | 9月26日琉球新報 »

2013年9月25日 (水)

9月25日八重山毎日新聞

http://www.y-mainichi.co.jp:8000/news/23358/

 

「思考停止、あってはならない」 市民団体が撤回求め抗議

玉津教育長発言

 玉津博克石垣市教育長が砥板芳行氏の市議会一般質問に対し「沖縄の平和教育は、戦争の悲惨さを強調する教育になっている。その弊害は、戦争に対する嫌悪感から派生する思考停止と言える」などと発言した問題で、平和・労組の10団体で構成する平和憲法を守る八重山連絡協議会(渡辺賢一会長)は24日午前、「県内の平和教育を否定するものだ」と抗議、発言の撤回を求める玉津教育長あての要請書を提出した。玉津教育長は現場視察で不在として、前盛善治教育部長が受け取り、「教育長に伝える」と応じた。

 同連絡会は、沖縄戦にとどまらず世界の内戦・紛争の現状や人権・貧困問題、国際協力など世界の平和と日本の役割も学んでいると指摘、「教育現場を正確に把握せず、県内の平和教育を否定するもので、学校現場の教師との信頼関係を損なうものだ」と批判。

 また、砥板氏が「どのような指導が行われたか」として取り上げた3年のあるクラスの平和教育について前盛教育部長が問題ないとの認識を示したことに言及、「教育部長の答弁と矛盾する内容を個人の見解として述べており、教育介入につながりかねない」と懸念を表明した。

 玉津教育長は答弁で「平和教育のあり方をいま一度点検、確認し、工夫改善を加える」との考えを示したが、前盛部長によると、現段階では実施されていない。教育委員の定例会でも平和教育のあり方について議論したことはないという。

 

 連絡協のメンバーは「教育長の発言は教育委員会全体の考え方ととらえられかねない。しかるべき対応をとらないと誤解を招く」と委員会としての対応を求めたほか、「思考停止は教育にあってはならず、現場に対する侮辱だ」と不満をあらわにした。

 砥板氏がクラスだよりを紹介したことについても疑問視、「感想は感想だ。教師が学級通信や、お知らせを出す際、教員自らが(内容を)制限したり、(自由に書くことを)ちゅうちょしたりすれば、そのことが思考停止につながる。教育の自由を守ってほしい」と訴えた。

 

 玉津教育長は同日午後の定例会終了後、「まだ要請文を読んでいないのでコメントできない」と話した。定例会には前盛部長から要請があったことが報告された。

 

« 9月25日沖縄タイムス | トップページ | 9月26日琉球新報 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月25日八重山毎日新聞:

« 9月25日沖縄タイムス | トップページ | 9月26日琉球新報 »