フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

歴史と実践

  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践28号(2007年8月)
    特集 沖縄戦と2007年教科書検定
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第24号(2003年8月)
    特集 中国東北地方
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第25号(2004年7月)
    特集 朝鮮=韓国=沖縄
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第26号(2005年7月)
    特集1.米軍基地と沖縄・韓国 特集2.戦後60年と沖縄戦 特集3.「つくる会」教科書の問題点
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第27号(2006年7月)
    特集「米軍再編と歴史の検証」
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第29号(2008年9月)
    特集 今こう教えたい沖縄戦・基地

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 八重山地区教科書採択問題における文部科学省の不当な介入に対する抗議声明 | トップページ | 11月14日教科書関連報道 »

2013年11月14日 (木)

文科大臣の不当な「是正要求」に屈することなく事実経過の検証を

2013年10月21日
沖縄県教育委員会
教育委員長 新垣 和歌子 様
教育委員 各位

子どもと教科書を考える八重山地区住民の会
共同代表 仲山忠亨 村田栄正 内原英忠 波平長吉 江川三津恵
登野原 武 大仲康文 黒島精耕 島袋憲一 慶田城 久

文科大臣の不当な「是正要求」に屈することなく事実経過の検証を

去る18日、文部科学大臣は、貴委員会宛 25文科初第768号 竹富町教育委員会の義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律の規定に基づく事務の執行について(指示)いわゆる「是正要求」を発出しました。
地方自治法に基づく「是正要求」を指示するには、竹富町教育員会(以下竹富町教委という)において、「事務処理で法令違反」があるか、「著しく適正を欠き、かつ、明らかに公益を害している」と認められなければなりません。しかし、貴委員会も掌握されている通り、竹富町教委に何ら瑕疵はなく、今回の「是正要求」は不当な教育現場への強権的介入であり、到底認められるものではありません。私たちは、本日日別紙のとおり文科大臣宛抗議と撤回要請を送りました。
貴委員会において、これまでの事実経過を検証し、文科省の「是正要求」が不当なものであることを明らかにされ、竹富町教委に対する強権的な介入を許さない毅然とした態度を示していただきますよう要請いたします。
以上

« 八重山地区教科書採択問題における文部科学省の不当な介入に対する抗議声明 | トップページ | 11月14日教科書関連報道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192361/53930103

この記事へのトラックバック一覧です: 文科大臣の不当な「是正要求」に屈することなく事実経過の検証を:

« 八重山地区教科書採択問題における文部科学省の不当な介入に対する抗議声明 | トップページ | 11月14日教科書関連報道 »