フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

歴史と実践

  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践28号(2007年8月)
    特集 沖縄戦と2007年教科書検定
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第24号(2003年8月)
    特集 中国東北地方
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第25号(2004年7月)
    特集 朝鮮=韓国=沖縄
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第26号(2005年7月)
    特集1.米軍基地と沖縄・韓国 特集2.戦後60年と沖縄戦 特集3.「つくる会」教科書の問題点
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第27号(2006年7月)
    特集「米軍再編と歴史の検証」
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第29号(2008年9月)
    特集 今こう教えたい沖縄戦・基地

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 1月22日琉球新報 | トップページ | 3月21日沖縄タイムス »

2014年1月23日 (木)

1月23日沖縄タイムス

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=61191

八重山教科書:県教委、文科省に再質問検討

2014123 06:01

 

県教育委員会は22日、八重山地区内で異なる中学校公民教科書が使われている問題で、県教委の照会に対し、文科省が採択地区の分割などを認めない内容の回答をしたことに「答えになっていない」などとして再質問を含めて対応を検討することを決めた。

 

 各委員は同日開かれた勉強会で、文科省からの回答について論議。「竹富町の教育の機会均等は阻害されていない」「文科省の検定をパスした教科書が使われている」などの質問に対し、適切な回答がなされていないと指摘した。

 

 宮城奈々委員長は「文科省の回答は答えになっておらず、想定外の結果となった。委員から疑問が出ている」と再検討の必要を強調。諸見里明県教育長は「回答には納得できない。今後委員会で議論を深めて具体的な方針を決めたい」と述べた。

 

« 1月22日琉球新報 | トップページ | 3月21日沖縄タイムス »

コメント

2013年1月1日~12月31日、沖縄タイムスのオピニオン面に掲載された一般投稿は計2323本(「主張、意見」1557本、「論壇、寄稿」409本、「茶のみ話」357本)です。

投稿者年齢別の投稿数
10代  29  1.2%
20代  25  1.1%
30代 127  5.5%
40代 238 10.2%
50代 216  9.3%
60代 730 31.4%
70代 710 30.6%
80代以上 239 10.3%
記載なし    9  0.4%

平均年齢は63.8歳。10回以上掲載された人は54人。

投稿者住所別の投稿数
那覇市  673
沖縄市  181
浦添市  167
うるま市 146
宜野湾市 118
豊見城市 118
糸満市   76
西原町   70
南風原町  55
名護市   55
その他県内397
県外   155
外国     3
記載なし 109

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192361/54714120

この記事へのトラックバック一覧です: 1月23日沖縄タイムス:

« 1月22日琉球新報 | トップページ | 3月21日沖縄タイムス »