フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

歴史と実践

  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践28号(2007年8月)
    特集 沖縄戦と2007年教科書検定
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第24号(2003年8月)
    特集 中国東北地方
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第25号(2004年7月)
    特集 朝鮮=韓国=沖縄
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第26号(2005年7月)
    特集1.米軍基地と沖縄・韓国 特集2.戦後60年と沖縄戦 特集3.「つくる会」教科書の問題点
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第27号(2006年7月)
    特集「米軍再編と歴史の検証」
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第29号(2008年9月)
    特集 今こう教えたい沖縄戦・基地

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 8月19日沖縄タイムス | トップページ | 8月19日八重山日報 »

2014年8月19日 (火)

8月19日八重山毎日新聞

東京書籍を採択 中学公民教科書で竹富町教委
2014年08月19日 社会・経済 ,  地域・教育
来年度から無償化へ 調査員の順位付け優先
 竹富町教育委員会(大田綾子委員長、委員4人)は18日午前、石垣市内で臨時会を
開き、町立小学校および中学校教科用図書採択審議会(会長・慶田盛安三教育長、委
員8人)の答申通り、現在使用している東京書籍版の中学校公民教科書を採択した。
改正無償化措置法の一部施行に沿った採択手続きが取られたため、中学校公民教科書
についても来年4月から無償化される。9教科11点の小学校教科書も答申通り採択し
た。
 中学公民教科書は2012年度から14年度まで、教科用図書八重山採択地区協議会が選
定・答申した育鵬社版ではなく、町教委が採択した東京書籍版を使用しており、これ
まで無償化措置法の対象外とされてきた。
 同法改正の一部施行に伴い、単独地区として採択手続きを行えば無償化措置法の対
象となるため、小学校教科書と同時に採択した。
 今回の採択手続きでは、各学校に教科を振り分け、それぞれの教科について教職員
3人を調査員として調査研究させた。審議会は調査員が順位付けを行った報告書を審
査、教科書を選定・答申していた。この日の臨時会では、順位付け上位の教科書を採
択した。
 定例会終了後、慶田盛教育長は「単独地区となったことで順位付けに沿って教科書
を選定していくという当たり前の手続きを取ることができた。現場の教員に教科書を
調査研究してもらうことで、学校現場の授業にもその成果は生かされる」と期待を込
めた。
 町教委は採択結果を県や町内各小中学校に報告し、今月中にも需要冊数をとりまと
めて再度、県に報告する予定。このうち中学校公民教科書は40冊(7月末時点の中学
校2年生徒数)となっている。

« 8月19日沖縄タイムス | トップページ | 8月19日八重山日報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192361/57123431

この記事へのトラックバック一覧です: 8月19日八重山毎日新聞:

« 8月19日沖縄タイムス | トップページ | 8月19日八重山日報 »