フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

歴史と実践

  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践28号(2007年8月)
    特集 沖縄戦と2007年教科書検定
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第24号(2003年8月)
    特集 中国東北地方
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第25号(2004年7月)
    特集 朝鮮=韓国=沖縄
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第26号(2005年7月)
    特集1.米軍基地と沖縄・韓国 特集2.戦後60年と沖縄戦 特集3.「つくる会」教科書の問題点
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第27号(2006年7月)
    特集「米軍再編と歴史の検証」
  • 沖縄県歴史教育者協議会: 歴史と実践第29号(2008年9月)
    特集 今こう教えたい沖縄戦・基地

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

沖縄支部情報

2008年9月 8日 (月)

県会員募集のお知らせ

あなたも沖縄県

歴史教育者協議会

 

沖縄県

歴史教育者協議会

(略して沖縄県歴教協)は、1964年に結成された歴史・地理教育を研究、実践していく教育研究団体です。

歴史教育者協議会

(歴教協)という学術団体に登録されている県支部として活動を続けてきました。主な活動として機関誌「歴史地理教育」があります。全国の先進的な研究・実践を紹介し、社会科(小学校・中学校・高校・大学)の授業の内容・方法について学ぶことができます。また、毎年8月に全国大会が開催され、200本あまりの実践が交流されます。(ちなみに今年度は東京大会、来年2009年度は北海道大会の予定です)

沖縄県歴教協では、機関誌「歴史と実践」(年一回の発行)を中心に、研究会を重ねています。沖縄戦や沖縄の軍事基地の問題など、沖縄ならではのテーマを研究するとともにどう教えるかを考えています。

ぜひ、沖縄県歴教協に入会して一緒に勉強しませんか?

 

【入会するとこんなことがあります】

機関誌「歴史と実践」が年一回送付されます。もちろん論文・実践の投稿もできます。

例会・研究会に参加して、勉強することができます。社会科の授業づくりをはじめ、巡検など「沖縄をどう教えるか」を学んだり、さまざまなテーマでの学習会に参加できます。

全国の企画、県内の企画などさまざまな運動・企画の情報が提供され、参加できます。

 

【入会の方法は?】

別紙の用紙に、住所、氏名、所属等をお書きの上、事務局まで申し込んでください。メール・ホームページからも申し込みも受け付けています。

年会費は1000円です。別紙振り込み用紙にて申し込みください。

全国会員になると、機関誌「歴史地理教育」が毎月、送付されます。全国のリアルな情報の月報や、メーリングリストなど、全国の社会科教員と交流することができます。年12冊で8160円です。

 

【連絡先は】

沖縄県歴教協事務局 山口剛史(やまぐちたけし)までお知らせください。

903-0213

沖縄県中頭郡西原町字千原一番地琉球大学教育学部314山口研究室内

電話098-895-8336 ファックス098-895-8316(大学事務室)

E-mailt-yama@edu.u-ryukyu.ac.jp

ホームページ:http://okireki.cocolog-nifty.com/